mebsslier.jpg

               連絡先: 東北大学 宇宙航空研究連携推進委員会 事務局(E-mail: cosmic_AT_c.gp.tohoku.ac.jp )

最新情報

東北大に広がる宇宙と空を現場とする多様な活動を繋ぎ、総合研究教育機会の創造を行います。

**** 直近の予定 ****


<進行中> 国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」での医学研究 〜連携協定へ〜

東北大・東北メディカル・メガバンク機構は、コホート研究を軸にした研究活動と「きぼう」利用成果を通じた健康長寿社会形成への貢献を目指した取組みにおいて、JAXAとの連携協力を進めつつあります。

これは、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」での第3回小動物飼育ミッション「宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子Nrf2の役割」(2018年4月~5月)での実施協力の実績などを発展させるものです。

<成果> 世界初、遺伝子ノックアウトマウス(特定遺伝子を欠失したマウス)の全数生存帰還に成功~国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」より~ (2018.5.11)


2019/2/18(月)-21(木) 第20回惑星圏シンポジウム

(東北大・理 合同C棟2階 青葉サイエンスホール)

国内外で進められている観測・実験・解析・計算機シミュレーション等による諸惑星・衛星等に関わる研究について、最新成果の報告・レビューと議論、および、研究課題や展開について議論を行い、将来に繋がる新しい研究・分野・計画の創成・展開の機会となります。

BepiColombo打上に成功したばかりの水星、ひさきJUICE等によって進める巨大惑星・氷衛星群、水の起源と行方に絡めた水惑星、さらに系外惑星や比較惑星学等、広い視点で現研究を俯瞰し、今後の展開と将来探査構想について議論いたします。国内外からの幅広い参加者を予定します。

なお、本研究会は本学が進める「環境・地球科学国際共同大学院プログラム」の支援を得て行われます。

ees1_logo.png



**** 活動報告: 2018 ****

2018/10/19(金) 1045   日欧合同水星探査機 BepiColombo 打ち上げ

<打上場所> ギアナスペースセンター(仏領ギアナ)

国際水星探査計画BepiColombo(ベピコロンボ)は、JAXA担当の水星磁気圏探査機「みお」と欧州宇宙機関(ESA)担当の水星表面探査機MPO(Mercury Planetary Orbiter)と、2つの周回探査機で水星の総合的な観測を行う日欧協力の大型ミッションです。
水星到着は2025年(予定)。地球(x1)、金星(x2)、水星(x6)のフライバイを使っても7年かかる「長旅」の始まりとなりました。

本学・笠羽教授(理 惑星プラズマ・大気研究センター)が日欧連合チームの主任研究者を務める プラズマ波動観測装置(PWI)および開発を担ってきた観測装置統合制御装置 Mission Data Processor (MDP) が搭載されます。太陽系でもっとも内側に位置する水星の生成・進化と灼熱下でのその現況の解明を期待します。


2018/9/29(土) 1330-1630 東北大学111周年記念講演
はやぶさ2が挑む!太陽系と生命誕生の謎

<場所> 仙台・川内萩ホール  (地下鉄東西線「国際センター駅」「川内駅」すぐ)

[講師] 
中村 智樹 教授 (東北大・理・地学専攻)
吉田 和哉 教授 (東北大・工・航空宇宙工学専攻)

180929.gif 


2018/9/20-21 宇宙環境利用日韓合同セミナー

2018/9/22-23 日本宇宙生物科学会第32回大会

2018/9/23 15:30-1730  公開講演会 〜宇宙居住を目指した未来への挑戦〜

(東北大学片平キャンパス 生命科学プロジェクト総合研究棟 講義室)

180920-23 Korea-Japan Seminar + JSBSS.png180923 日本宇宙生物科学界 公開講演会.png


2018/9/8(土) 1330-1610 宙女イベント  夢・未来・宙 〜宇宙航空業界で働くということ〜

[前半]  宇宙飛行士・山崎直子氏 講演会 
[後半]  パネルディスカッション 山崎直子氏,IHI・JAXAから宙女3名, ロケット打上サークルFrom-The-Earth 1名 

[コーディネータ]  伊賀由佳教授(東北大流体研) 
[主催]  東北大   機械・知能系男女共同参画委員会、流体研・75周年記念事業 
[共催] ロケット協会・男女共同参画委員会(宙女) 東北大・工学系女性研究者育成支援推進室、男女共同参画推進センター


[2018/9/2(日) 1730-1900] 仙台市天文台 
プラネタリウムコンサートサックスカルテットで紡ぐ『惑星』のお話

[仙台市天文台×東北大・理 公開サイエンス講座 #2] (パンフ)

講  師/東北大学大学院理学研究科天文学専攻 津村 耕司 助教
演  奏/サクソフォンカルテット・コパン

 テーマは「惑星」。仙台市天文台のプラネタリウムを舞台に、サクソフォンカルテット・コパンが織り成す音楽と、東北大学学際科学フロンティア研究所助教の津村耕司氏による惑星のお話をお楽しみいただきました。


[2018/8/20] 宇宙航空連携推進委員会

2018 Working Team会合#1 Read more  |  2017年3月31日 12:36 PM

-->

Read more